資格の活用

資格を取得することで広がる3つの分野の可能性

「個の技術の可能性」

スタイリストとしての本物さを手にしている

  • カットを理解することで不安さやあいまいさを取り除き、迷わずカットができる
  • 技術の安定、いつでも同じスタイルが切れる
  • スタイルブックのスタイルを自分で考えて作れる
  • どんな人が来ても自信をもって入客できる

積極的な提案

  • 根拠のある技術理論をしっかりお客様に伝えられる
  • お客様の悩みに対して提案ができる

生産性が上がる

  • カットを理解してタイムアップできる
  • 多くのスタイルを自在に作り出すことができる
  • カットの技術をあげて、指名売上げ・再来率が上がる

「人材教育の可能性」

リーダーシップの向上

  • 後輩にしっかりと自信をもって教えられる
  • 誰に聞かれても、明確で同じ答えが返せる
  • 技術指導者としての自覚がある
  • リーダーシップやコミュニケーション能力が身についている
  • 能力をあげて高い目標に挑戦できる

より良い会社のマニュアルができる

  • 明確なデビューの計画ができる
  • 同じ目線からの教育がおこなわれる
  • 積極的にデビューに向けて取り組める
  • サロンの技術統一ができる

組織力が向上する

  • サロン全体の技術がチームとして向上している
  • カットの技術の会話が増えている
  • 違う担当者が入客しても、同じスタイルを作れるようになる

「顧客満足の可能性」

  • 「カットが上手ですね」とお客様に褒められる
  • 「手入れが良くなった」「持ちがよくなった」と言って頂いている
  • 「かわいい」という声が増えている
  • 「指名したくなるスタイリスト」と言われている
  • 好評いただいて、口コミや紹介が増える

日本ヘアカット技巧士検定に合格すると就職に有利

検定合格は、それぞれの級の技能を取得していることの証明です。証明があることで安心な人材として、就職する際に有利になります。

日本と海外で美容業界の転職・就職支援を行っている、株式会社サングッド 代表の日吉 和馬様から資格の有利について高い評価をいただいています。

この資格には、「カットができます」だけの曖昧な技能ではなく、確実な技術を取得しているスタイリストだと伝える事ができます。統一された資格は明確な指数となり、就職や転職時にかなり有利に働いています。

採用する側にとっても明確に技能レベルを把握する事ができ、安心して労働条件を決定する事ができます。スタイリストとしての価値を低下させること無く、適正な労働条件で働く事が可能になり、両者のニーズを叶える必要不可欠な資格となっていくでしょう。

日本ヘアカット技巧士の認定の発行

試験に合格すると下記の3つの証明が発行されます。

  • 合格証書(賞状)
  • 資格証(カード)
  • トロフィー

資格証は、就職の際に提示することで、認定されていることの証明となり、就職が有利になります。また、合格証書、トロフィーもあなたが資格を持っている証明になります。ご自身のサロンやご自宅にお飾りください。